« 絵画の中のペアダンス | トップページ | 『ウェディング・プランナー』 »

『マスク』

映画中ペアダンス重要度:★★☆

31dbqm3nn5l_sl500_aa169_
1994年アメリカ
出演:ジム・キャリー、キャメロン・ディアス
監督:チャールズ・ラッセル
101分

--
tv 予告編[→Go YouTube]

昨日、テレビで放映。確かペアダンスシーンがあったはずと、見てみたところやっぱりありました。

緑色のマスクの怪人がキャメロン・ディアスと踊る踊る。
ダンスの種類としては「スウィング」。曲はRoyal Crown Revue『Hey Pachuco!』。
tv[→Go YouTube]

スウィングは、日本ではパーティーダンスとしてジルバ、競技用としてはジャイブとなるが、私の解釈ではスウィングはそれらを総称したものだ。
リンディホップ、チャールストン、ジッターバグなど1920-40年代に流行したさまざまなダンスもすべてスウィングの中に要素として含まれる。
私の通うアメリカンスタイル社交ダンスの教室では、スウィングは最初ジルバと同じように習うが、難易度を上げると(または曲調によって)トリプルステップといって一歩ずつ多いステップとなる。要するにこれがジャイブ。
スウィングは誰でも踊れる簡単なステップから、速く複雑なステップ、さらにはさまざまなリフト技までを含む、奥の深いダンスなのだ。

マスクでもスウィングのさまざまな要素、例えばリンディホップなどの代表的なステップを見せてくれる。
コミック的表現をCG合成で見せるスラップスティック・コメディだが、ダンスシーンは意外と見どころ。
このスウィングの他に、警官隊に囲まれながら踊るラテンダンス(サンバかな?)もある。ミュージカル的な演出をもっとしてもよかったのにと思う楽しさがある。
tv[→Go YouTube]

昔最初にこの映画を見た時は、キャメロン・ディアスが客たちを誘惑するように踊るシーンに衝撃を受けた覚えがある。要するにスゲーやらしい!と思ったわけだ(笑)。
でも今回改めて見てみたけどさほどでもなかった。でも、無名の新人だったキャメロン・ディアスはこの映画をきっかけにスターになる。やっぱり私と同じようにハートを打ち抜かれた男が多かったとみえる。

ついでにもう一つ。
キャメロン・ディアスでダンスシーンと言えば、ソフトバンクのCMが好きだ。
シリーズ化されているCMだが、私の好きなのは、パーティ会場で男性のリードを受けながら電話をしているというCM。曲はSwing Out Sisterの『Breakout』。
tv[→Go YouTube]

そのさりげなくも華麗で流麗なリードが素晴らしい。正確に言うとダンスとは言えない(キャメロン・ディアスは歩いているだけ)が、私もリーダーとしてかくありたいと思わせられるリードだった。

この話をダンス教室でしたところ、このCMに出ている男性ダンサー、なんとアメリカで長年ダンサーとして活躍されてきたウチの先生の知り合いだという。ダンス業界が狭いのか、先生の顔が広いのか。でもなんとなく嬉しいエピソード。

ペアダンスの魅力はいろいろあるが、リーダー(男性)にとってはリードが通じた時の快感は大きい。そのマジカルな世界を端的に表現しているのがこのCMだと思う。


[→映画タイトル目次へ]

|

« 絵画の中のペアダンス | トップページ | 『ウェディング・プランナー』 »

[スウィング/ジルバ/ジャイブ]」カテゴリの記事

・洋画」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。りると申します。

私は、キャメロン・ディアスが以前出演していたSoftBankのCM(男性と一緒に踊るバージョン)が、大好きな者です。

このCMが放映されていた頃から大好きだったのですが、先日YouTubeで、そのCMの映像を見つけてから、またその気持ちが再燃しました。

私はダンスのことは全くわからないのですが、キャメロンをリード(?)されている男性ダンサーさんの動きに見とれてしまいました。
この方のダンスがもっと見てみたいと思いました。
そこで、なんとかこの男性の情報はないかと検索しているうちにこちらのブログに辿り着きました・・。

現在はこちらのブログはあまり更新されていないようですが、もしもお時間ありましたら、この方のサイト等の情報をお教えいただけたら、嬉しいです。

投稿: りる | 2012/04/23 22:54

コメントありがとうございます。
ご返答遅くなりましてすみませんでした。

先生(ヨシ矢野先生:アメリカンスタイル社交ダンスJSDC代表)に聞いてみたところ、彼の名前はトム。姓は忘れたそうです(笑)。
アメリカンスタイル社交ダンスのダンサーで、競技会ではファイナリストだそうです。わずかな手がかりですが、もしかしたら大会の様子などは動画が探せるかもしれませんね。現役の競技者かどうかはわかりません。
昔(10年ちょっと前くらい?)先生と一緒にNYでダンス教師をされていたこともあるそうです。
先生も日本に帰ってきて10年ほどになりますから、あまり詳しいことはわからなかったのですが、TVでこのCMが流れたとき「おー!トムが出てるー!」とすぐにわかったとおっしゃってました。

もしよかったら、りるさんもアメリカンスタイルの社交ダンスにチャレンジしてみてください。
CMのように、流れるようなリードが体験できるかもしれませんよ。

投稿: | 2012/05/01 14:15

お返事ありがとうございます。りるです。

わざわざお調べいただいて、本当にありがとうございます。

そして、このようなおかしな質問に快くお答えいただきました
矢野先生にも心から御礼申し上げます。

トムさん、っておっしゃる方なんですね('∀`)♪

もしかして、YouTube等であちらの大会の動画を探したら
彼のダンスを見ることが出来るかもしれないのですね・・。

時間はかかるかもしれませんが、なんとか検索してみたいと
思います。

今まで、社交ダンスには全くご縁がなかったのですけど、
彼の姿を見ていて、ダンスに興味が湧いてきています。
機会がありましたら、まずは会場などに足を運んで、ライブで
ダンサーの皆さんの華麗なダンスが見てみたいです。

お忙しいところ、本当にありがとうございました。

投稿: りる | 2012/05/02 15:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532723/44276922

この記事へのトラックバック一覧です: 『マスク』:

« 絵画の中のペアダンス | トップページ | 『ウェディング・プランナー』 »