« 『エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事』 | トップページ | WEBマガジン『ダンス・インテリジェンス』 »

『大使館の食卓』〈ウィーン舞踏会2009〉

予告していましたBSフジの『大使館の食卓』〈ウィーン舞踏会2009〉を観ました。

オーストリア大使館に主催のこの舞踏会は、2009年1月24日に目黒のウェスティンホテルで開催されたもので、修交140年記念の大イベントだそうです。

本来が料理・グルメ番組ということで、パーティでのメニューの紹介にも多くの時間を割いていましたが、ダンスシーンも見ることができました。

ウィーンの舞踏会を日本で正しく再現して見せたい、という大使たっての希望で、デビュタントという社交界デビューのお披露目ダンスを行うことになり、男女各20名ほどの若者が集められました。
男性は多分皆社交ダンサー(学連とかプロとか)でしょう。女性は社交ダンス経験のない人も集められ、多分条件は良家のお嬢様でしょう(笑)。
講師にはオーストリア本国からプロダンサーが招かれ、数日に渡り練習を行ったようです。

披露されたダンスはウィンナワルツではなく(カットされただけかもしれませんが)、古式ゆかしいバロックダンス風のもの(番組ではカドリールと)。振り付けのグループダンスで、難しい動きはなさそうなので、お嬢様たちも無事こなせたようです。

ダンスタイムではウィンナワルツが踊られていましたが、フロアは結構な混み具合で、ダンスの技量もまちまちなためか、映画のように美しいダンスシーンとはいきませんでした。
特に、ちらっと映っただけですが、社交ダンス経験者らしき年配カップルが、勢い込んで踊ろうとしている様は、技術的には正しくても明らかに場の雰囲気からは浮いていました。ダンスって難しいですね(笑)。

ポルカなど、ワルツ以外の曲も踊られていて、最後にはラデツキー行進曲でフロアの全員が一列に肩を組んで(トレイン状)練り歩くというのが楽しそうでした。

オーストリア大使がこんなことを言っていました。
「舞踏会とは、ダンスと食事を楽しむ社交の場で、同時に難しい話をする場所でもある」
難しい話って外交ってことでしょうか? オーストリア人の中にはワルツと外交はいまだ強く結ばれた関係であるようです。

→舞踏会の写真など1/26の記事


[→映画タイトル目次へ]

|

« 『エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事』 | トップページ | WEBマガジン『ダンス・インテリジェンス』 »

[ワルツ/ウィンナワルツ]」カテゴリの記事

テレビ番組」カテゴリの記事

コメント

はじめまして 渡辺です。
舞踏会シーン 映画  と検索して 出会いました 
ウィンナワルツ愛好者です。
一度だけ矢野先生の個人レッスンを受けたことがあります。
お好きな映画やコメント(明らかに場の雰囲気からは浮いていました)からお仲間になれそうな気がします。
5月16日に荻窪で主にウィンナワルツを踊る
小さなパーティがあります。
嫌いでなかったらどうですか?
少人数なので映画のように踊れますよ くわしくは下記を

19世紀舞踏 5月のミニパーティの告知です。

5月のパーティは5月16日(土)午後1時30分~午後4時30分です。
4月舞踏会の参加者はご招待ですが、ビジターの方はお一人様1500円です。
ドレスコードはダークスーツ、アフタヌーンドレスなど、おしゃれを楽しみましょう。
生演奏ではありませんがポロネーズなど入ります。

会場はホテルのような場所ではありませんが
杉並公会堂 http://www.suginamikoukaidou.com/access.html
で、19世紀の優雅なウィンナワルツ等を楽しめます。

是非参加を検討してみてください。

投稿: 渡辺 一充 | 2009/05/02 18:19

コメント投稿ありがとうございました。
パーティ、楽しそうですね。
興味ありますので、メールさせていただきました。
よろしくお願いします。

投稿: ユウキ | 2009/05/07 17:01

カドリールのダンス曲を探しています。
CDの情報を下さい

投稿: Lydia | 2009/11/17 03:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532723/44287293

この記事へのトラックバック一覧です: 『大使館の食卓』〈ウィーン舞踏会2009〉:

« 『エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事』 | トップページ | WEBマガジン『ダンス・インテリジェンス』 »