« 『ロマンポランスキーの吸血鬼』 | トップページ | 手に入れにくいペアダンス映画 »

『上海バンスキング』

映画中ペアダンス重要度:★★

21vdnb8xdml_sl500_aa140_
1984年日本
出演:松坂慶子、風間杜夫
監督:深作欣二
121分

--

昭和11年(1936年)、忍び寄る戦争の暗い影から逃れるように上海に来たジャズメンと新妻の運命に翻弄される姿を明るいジャズにのせて描く。

東洋ジャズのメッカである上海のダンスホールでのジャズバンドとダンスショーのシーンは派手で楽しいが、これは最初と最後の2回だけ。後は上海事変に日中戦争、そして太平洋戦争と暗い内容が続く。

松坂慶子の印象は今もさほど変わらないが、志穂美悦子が懐かしすぎる。二人が歌い踊るシーンはちょっと『シカゴ』(ミュージカル)みたい。
tv[→Go YouTube](こちらは映画のシーンではないがレア映像)

また、ダンスホールでお客たちが踊るのはフォックストロット(ブルース)。フォックストロットってやっぱりジャズで踊るものなんだなということがわかる。
あ、あとタンゴのシーンがあったな。松坂慶子と陸軍の軍服が格好いい夏八木勲。

昨日、テレビ放映されたものを見てから、YouTubeで検索したら、この映画のシーンがセブンイレブンのCMに使われているものが出てきた。おぉ、コレ見たことあるぞ、と。25年ぶりの記憶が蘇った。YouTubeも凄いが、脳も凄いな(笑)。
tv[→Go YouTube]


[→映画タイトル目次へ]

|

« 『ロマンポランスキーの吸血鬼』 | トップページ | 手に入れにくいペアダンス映画 »

[スウィング/ジルバ/ジャイブ]」カテゴリの記事

・邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532723/44276909

この記事へのトラックバック一覧です: 『上海バンスキング』:

« 『ロマンポランスキーの吸血鬼』 | トップページ | 手に入れにくいペアダンス映画 »