« 『ニューヨーク・ニューヨーク』 | トップページ | 『マイ・フェア・レディ』 »

『アンナと王様』

映画中ペアダンス重要度:★★

51jx7no3knl_sl500_aa240_ 1999年アメリカ
出演:ジョディ・フォスター、チョウ・ユンファ
監督:アンディ・テナント
148分

--

 

有名な『王様と私』のリメイク作品。単なるリメイクではなく、原作や史実に忠実なリアル指向のリメイクとのこと。だから、ミュージカルシーンもなし。

残念ながら私は『王様と私』は未見。
社交ダンス好きからすると、『王様と私』といえば名曲「シャル・ウィ・ダンス」だ。映画『Shall We ダンス?』では大貫妙子が歌い私の世代でも耳にする機会が多くなった曲である。『王様と私』は、社交ダンスにも多大な貢献をしている映画の一つと言えよう。

『アンナと王様』では、この曲は未使用。
でも、ちゃんと王様とアンナは踊ります。
シャム王宮でヨーロッパ風の晩餐会を開催し、そこでワルツを踊るシーン。ウィンナワルツです。
役柄自信満々の王様、チョウ・ユンファのステップは若干ぎこちないですが、心を通い合わせ始めた二人の幸せなダンスシーンです。

そしてラストもやはりダンス。祖国に戻ることになったアンナとの別れを惜しむラストワルツ。とてもよいシーンでした。

ダンスの場面はこの2ヶ所と決して多くはないですが、重要なシーンとして使われています。
こうなると、やはり元の『王様と私』が見たいですね〜。近所のレンタルショップにあると良いのですが。

[→映画タイトル目次へ]

|

« 『ニューヨーク・ニューヨーク』 | トップページ | 『マイ・フェア・レディ』 »

[ワルツ/ウィンナワルツ]」カテゴリの記事

・洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532723/44459418

この記事へのトラックバック一覧です: 『アンナと王様』:

« 『ニューヨーク・ニューヨーク』 | トップページ | 『マイ・フェア・レディ』 »