« 『ウェディング・プランナー』 | トップページ | 『白州次郎』(第一回) »

『ムーラン・ルージュ』

映画中ペアダンス重要度:★★

51tukfdbrzl_sl500_aa240_
2001年アメリカ
出演:ニコール・キッドマン、ユアン・マクレガー
監督:バズ・ラーマン
128分

--

さまざまサイトで高い評価も多く、かなり楽しみにして観たが、残念ながら私は乗れなかった。

ミュージカル映画としてなら『シカゴ』や『オペラ座の怪人』の方が何倍もレベル(歌や踊りの)が高いし、ストーリーやキャラクターに想像を膨らますようなものが乏しい。
古今のロック、ポップスの名曲を劇中にちりばめたというのも、私にとってはそんなに魅力がない。A・ロイド・ウェーバーの曲が好きすぎる私には、ミュージカルの曲とは、もっとストーリーと渾然一体になっていなければならない。
複雑なカメラワークや斬新で豪華な絵作りにも、大いにセンスは感じたが、だから何?と思ってしまう。それほど乗れなかったのだ。

最後の舞台での盛り上がりは十分堪能したし、ニコール・キッドマンはきれい。それなりに楽しめる部分もあったが、好きでも嫌いでもない、という評価になってしまうので、どうにもこうして書くのがはばかられる。

本題のペアダンスシーン。
ワルツやタンゴなど何カ所かあったが、ペアダンスというよりは群舞といった方が良かったりで、当ブログで扱うタイプのダンスではないという評価。

ミュージカルの中のペアダンスは、この作品に限らずアートパフォーマンスとしてのダンスなので、どうしても取り上げにくい。それでも語るべきことが何もない、というわけじゃないんだなぁ。


[→映画タイトル目次へ]

|

« 『ウェディング・プランナー』 | トップページ | 『白州次郎』(第一回) »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532723/44276920

この記事へのトラックバック一覧です: 『ムーラン・ルージュ』:

« 『ウェディング・プランナー』 | トップページ | 『白州次郎』(第一回) »