« 「メレンゲ」について語ってみる | トップページ | 『マーティ』 »

『カッスル夫妻』

映画中ペアダンス重要度:★★★★★

51ndhm9ybpl_sl500_aa240_
1939年アメリカ
出演:フレッド・アステア、ジンジャー・ロジャース
監督:H.C.ポッター
89分

--
  

今日、宝物が一つ増えました。先日買ったDVD『カッスル夫妻』(原題:The Story of Vernon and Irene Castle)です。
本当に素晴らしい! 先ほど見終わったばかりですが、ちょっと興奮が収まらないところです(笑)。

アステア作品は、自分でペアダンスを始めてから見始めたため、そんなにたくさん観ていません(『バンド・ワゴン』『パリの恋人』(→記事有り)『踊る結婚式』など)。
観た作品はわずかですが、どれを見ても言葉では言い表せない素晴らしいダンス。二十世紀最高のダンスエンターテイナーと言われるフレッド・アステア。こんな人を知らずに30年以上生きてきたかと思うと損をした気分です。

私のダンスの先生も、アステアを見てその道を志すきっかけとしたそうですが、確かにその気持ち良くわかります。

アステアのダンスは最高です。
また、ダンスだけでなくその物腰、立ち居振る舞い、ジェントリー、すべてが素晴らしいオンリーワンです。
なれるものなら私はフレッド・アステアになりたい(笑)。

『カッスル夫妻』はWikipediaによるとこんな説明がついています。

ロジャースとの競演第九作。二人が往年の名ダンス・コンビであるカッスル夫妻に扮し、コンビ解消を記念する作品となった。作中での衣装、ダンス・ナンバーなどがあまりにも時代がかったものであったこと、二人の競演作にはめずらしく悲劇的な結末であったことなどから興行成績が伸びず、現在にいたるまで人気の高くない作品である。

とありますが、私の評価は違います。
私の好きなペアダンスをたっぷりと見ることができるからです。
アステアはタップダンスもそれはそれは素晴らしく、他の映画ではどちらかというとソロダンスの方が見せ場になっていることも。
その点、この映画は新しい社交ダンス(モダンダンス)を大流行させた夫妻の伝記的映画。ダンスシーンはペアダンスが中心です。

アステアのペアダンスを見ると、ステップの軽やかで素早いことなどに目が行きますが、私はダンスのリードに目を奪われます。
もちろん、映画で見せるダンスは何度も練習した振り付けのダンスでしょうが、あまりにも自然でソフトなリードは魔法のようです。彼は踊りながら度々フッと手を離して(ホールドを解いて)踊るのですが、そんな時でも見えない手でリードをしているようです。うーん凄い!
tv[→Go YouTube]

もし、アステアのペアダンスに問題があるとしたら一つだけ。それはペアダンスの主役はあくまで女性。男性はリードしながらも女性を美しく引き立てる役目なのですが、アステアのステップが華麗すぎて、どうしてもそちらに目が行ってしまうことでしょうか(笑)。いや、もちろんジンジャー・ロジャースも素敵です。ダンスも上手いし。

この映画ではフォックストロットの元になったと言われている「カッスルウォーク」の誕生の場面や、見たこともないようなタンゴ、ドラマチックなワルツなどを見ることができます。
tv[→Go YouTube]

後に撮られるようなミュージカル大作のような派手な場面がなく、その辺ももしかしたら評価の低さにつながっているのかもしれませんが、私は大好きなペアダンスがたくさん見られて大満足です。

映画を観ていると、アステアとロジャースが本当のカッスル夫妻のように思えて、その悲劇的な最後もアステアのダンスを見ているからこそ、悲しみを倍加させます。まるでアステアが死んでしまったよう。いや、死んでないので、いいですが。

映画出演もしたというカッスル夫妻のダンスも見てみたいものです。本物のカッスルウォークを。
彼は夭逝してしまいましたが、劇中のセリフが泣かせます。

「彼はダンスをする人の心の中で生き続けるんだ」

現代の社交ダンスの基礎となるスタイルを世界中に広めたカッスル夫妻は、確かに私の中にもいるのです。

 

[→映画タイトル目次へ]

|

« 「メレンゲ」について語ってみる | トップページ | 『マーティ』 »

[タンゴ/アルゼンチンタンゴ]」カテゴリの記事

[フォックストロット/ブルース/スローリズムダンス]」カテゴリの記事

[ワルツ/ウィンナワルツ]」カテゴリの記事

[社交ダンス/競技ダンス]」カテゴリの記事

・洋画」カテゴリの記事

コメント

「カッスル夫妻」は見てないのですが、ジンジャー・ロジャーズで思い出したのは「ダンス・ウィズ・ミー」というみーちゃんの大のお気に入りのダンス映画です。
週末に行われる仮装ダンスパーティに来た老婦人が「今日はジンジャーよ」という台詞のシーンがあって、その老婦人がとても可愛いの。
ダンスホール、ダンスレッスン、ダンス競技会・・・色んなダンスが楽しめて、そこに集まった人たちの温かい愛の感じられる作品です。
キューバの音楽とそれに合わせて踊るダンスがなんとも言えません。ぜひユウキさんに分析してもらいたい作品のひとつです(^^ゞ

投稿: みーちゃん | 2009/03/14 20:29

『ダンス・ウィズ・ミー』というと、こちらですか?
http://ball.way-nifty.com/dance_cinema/2009/02/post-e970.html

仮装ダンスパーティの場面もありましたね。ヴァネッサ・ウィリアムスのセクシーナース姿なら覚えてるんですが。
「今日はジンジャーよ」はまた見てみてみようと思います。

『ダンス with Me!』という映画もあるみたいですね。
こちらは見てみたいダンス映画の1つです。

投稿: ユウキ | 2009/03/14 22:36

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 株の初心者 | 2014/07/30 15:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532723/44338752

この記事へのトラックバック一覧です: 『カッスル夫妻』:

« 「メレンゲ」について語ってみる | トップページ | 『マーティ』 »