« ブロガー試写会『レッドクリフPart1』(非ダンス映画) | トップページ | 『白雪姫』は王子さまと踊っていなかった(ディズニープリンセス) »

乗馬スタイルと社交ダンス(アメリカンスタイル社交ダンス考)

私は専門家でも何でもないので、こうした“定義”にまつわるようなことを書く立場にないのですが、それでも見聞きした中で、アメリカンとインターナショナル、二つのスタイルの違いについていくつか書こうと思います。

社交ダンスのスタイルには大きく2つの種類があって、イギリスを中心にして世界に広まったのが「インターナショナルスタイル」、一方アメリカを中心に広まったのが「アメリカンスタイル」です。
私はこの2つのスタイルの違いに興味があって、色々知りたいと思っているのですが、いまだ勉強中というところ。
いずれ、その違いについて、深いところまで理解してから、まとめてみたいと思っています。

ところで、乗馬のスタイルにも社交ダンスと同じように2つのスタイルがあって、「ブリティッシュ馬術(ヨーロピアンスタイル)」と「ウェスタン馬術(アメリカンスタイル)」に分けられるそうです。

ブリティッシュ馬術の方は、貴族社会のたしなみを反映した流派で、運動の正確さ、美しさなどを重視。オリンピックなどの馬術競技などは、このブリティッシュ馬術が基本だそうです。
一方ウェスタン馬術は、カウボーイ乗馬に端を発する馬術で、未開拓の新大陸で長距離の騎乗を行うことを目的とした実用指向の技術であることがうかがえます。

私の印象では、社交ダンスと馬術におけるそれぞれのスタイルは、そのまま共通するように思います。
私が習っているアメリカンスタイル社交ダンスは、誰でも気軽に楽しく踊ることができる、言うなれば実用的な社交ダンスです。
一方、インターナショナルスタイルはイギリス人が几帳面に定義したダンスなので、外国人(少なくとも日本人)が一から取り入れるのに向いていたのではないかと思います。
行われるダンスの性格も、イギリス、アメリカそれぞれの国民性を反映したものになっているかもしれません。

馬術をたしなむ知人に、私が社交ダンスのスタイルの話をしたところ、この馬術スタイルの話を聞き、なかなか面白いなと感じました。
他にもコーヒーやビールでも、アメリカンスタイルは、軽い、シンプルというイメージがありますよね。
アメリカンスタイル社交ダンスのイメージも、「アメリカン」という言葉の持つ印象に即していると思います。


[→映画タイトル目次へ]

|

« ブロガー試写会『レッドクリフPart1』(非ダンス映画) | トップページ | 『白雪姫』は王子さまと踊っていなかった(ディズニープリンセス) »

考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532723/44276912

この記事へのトラックバック一覧です: 乗馬スタイルと社交ダンス(アメリカンスタイル社交ダンス考):

« ブロガー試写会『レッドクリフPart1』(非ダンス映画) | トップページ | 『白雪姫』は王子さまと踊っていなかった(ディズニープリンセス) »