« ペアダンス好きな曲2「Fly Me To The Moon」 | トップページ | 目次(映画タイトル) »

ペアダンス好きな曲3「Almost Like Being in Love」

「Almost Like Being in Love」は私の通うダンス教室でもよくかかる練習曲の1つ。
また、ジャズ、ポップスのスタンダード曲であり、多くの歌手がカバーしています。

Frank Sinatraなども歌っていますが、今回取り上げるのは、Nat King ColeとNatalie Coleの親子。
同じ曲を親子がそれぞれ歌っていますが、踊るとしたら別のダンスになるという話です。

父・Nat King Coleの歌う「Almost Like Being in Love」ではスウィング(ジルバ、ジャイブ)を踊ります。BPMは46。
娘・Natalie Coleの歌う「Almost Like Being in Love」。こちらはフォックストロット(ブルース)を踊ります。BPMは41。

BPMは曲のテンポを表します。
BPM46は歩くダンスであるフォックストロットには少し速すぎます。
BPM41もフォックストロットには若干速いのですが、許容範囲内です。
曲のテンポはスウィングとフォックストロットを踊り分ける時のポイントの1つですが、テンポの速さがイコール、スウィングとフォックストロットの差ではありません。どちらも幅広いテンポに対応できるダンスなので、フォックストロットよりも遅いスウィングの曲もあります。

最大のポイントは、曲のノリにあります。
歩くダンスであるフォックストロットは流れるようなメロディ、つまり横ノリが、一方ロックステップで踊るスウィングには縦ノリが、それぞれ合っているのです。

父・Nat King Coleの歌う「Almost Like Being in Love」は、軽く明るくスタッカートが効かせて歌っており、演奏も跳ねるようなピアノが印象的です。
娘・Natalie Coleの歌う「Almost Like Being in Love」は、同じく明るく歌っていますが女性らしい柔らかさが特徴で、演奏もブラスが気持ちよさそうにメロディを奏でます。
この曲調の違いが、スウィングとフォックストロットの曲の違いと言えるでしょう。

アメリカンスタイル社交ダンスのフォックストロットには、「スウィングステップ」というステップがあります。
その名の通り、横に揺れる(スウィングする)ステップで、スウィングのベーシックステップに少し似ています。
しかし、スウィングとフォックストロットでは同じようなステップでも若干スタイルが異なるのが正解のようです。
言葉での説明は難しいのですが、スウィングでは肩を入れて掘るような動作。フォックストロットのスウィングステップは大きく外に(斜め上に)行くような動作になります。
スウィングステップは歌いながら揺れる時に自然に出るようなステップですが、スウィングではノリノリなんですが、内に内に入っていくようなノリで、フォックストロットのスウィングステップでは外に外に発散していくようなノリ、という感じでしょうか。
最初はわかりにくかったのですが、2つのダンスの縦ノリと横ノリの違いを踏まえてみると、理解できたように気になっています。

スウィングはジャイブとなってロックンロールで踊ることでもわかるように縦ノリOKですが、フォックストロットは本来縦ノリはなしです。でもパーティなどでは弾むような曲の場合、自然に多少の縦ノリはいいでしょう、と教わったことがあります。

今回は同じ曲でも違うダンスになる例として「Almost Like Being in Love」を紹介しました。
スタンダード曲にはこうした例がたくさんあります。また、いろいろ紹介していきたいと思います。

|

« ペアダンス好きな曲2「Fly Me To The Moon」 | トップページ | 目次(映画タイトル) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532723/44677440

この記事へのトラックバック一覧です: ペアダンス好きな曲3「Almost Like Being in Love」:

« ペアダンス好きな曲2「Fly Me To The Moon」 | トップページ | 目次(映画タイトル) »