« 「ball」の語源 | トップページ | 『昴』全11巻 『MOON』現在第3巻 »

『ブロークバック・マウンテン』

映画中ペアダンス重要度:★

51rnscyk9yl_sl500_aa240_
2005年アメリカ
出演:ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール
監督:アン・リー
134分

--

 

劇場に観に行ってもいいなぁと思っていたけど、結局行かず、今頃になってDVDにて鑑賞。
期待してみたが、期待に違わぬ良い映画だった。
第一に美しい映画だと思う。淡々とした描写が多く、無理に引っ張るようなストーリーはないが、美しい映像となにより主演の二人の演技力で魅せる作品。

映画そのものについては、ここでは語らない。あくまで当ブログは映画の中のダンスシーンを紹介するのがテーマ。
『ブロークバック・マウンテン』の中のダンスシーンは数カ所あるが、重要なシーンではないし、なによりイニスとジャックは踊らない(残念・笑)。

ダンスシーンはどれも酒場で踊られるもので、カウボーイは意外とダンス好きっていうことがアメリカ映画を観ているとよくわかる。
踊られるダンスはカントリーダンス。
カントリーダンスはカントリーミュージックで踊るダンスで、なんとなくアメリカ中西部や南部という田舎のイメージがあるけど、実態はもっと幅広いもののようだ。カントリー・バーやホンキートンクと言われる酒場には必ずビリヤード台とダンスホールがあるのだそうだ。

カントリーダンスにはラインダンスとペアダンスがあって、ラインダンスは振り付けで踊り、ペアダンスには「ツーステップ」という代表的なダンスのほかワルツ、スウィング、チャチャ、ポルカ、チークダンスなどがあるんだそうだ。

ラインダンスは、例えば西部開拓時代が舞台の『バックトゥザフューチャーPART3』や『風と共に去りぬ』など見ることができる。
ペアダンスも『微笑みをもう一度』ではスウィング、『ツインズ』ではワルツを見ることができる。
『ブロークバック・マウンテン』でも、ポルカやワルツが見て取れる。
要するに、アメリカの田舎で踊られるダンスシーンの多くはカントリーダンスというくくりに入るわけだ。

アメリカでペアダンスといった場合、都会では社交界の舞踏会以来の社交ダンス的なものが、田舎ではカントリーダンスがあって、全米各地ではそれが適度に混じり合ってその世界をなしているのではないかな。
私はたまたま社交ダンス的な視点で、アメリカ映画の中のダンスを捉えようとして、これはスウィングかフォックストロットか?みたいなことを延々と書いてきたけど、カントリーダンスだと言ってしまえば解決なのかも(笑)。

私が習っているアメリカンスタイル社交ダンス。その「アメリカンスタイル」というのは競技スタイルの対比(インターナショナルスタイルと対)としての言葉だが、それは狭義のものにすぎないんじゃないのかな、と最近思う。
アメリカの歴史の中で、移民や奴隷が持ち寄ったさまざまなダンスと音楽が混じり合い、新しい音楽(ジャズやロック)とともに新しいダンスを生み、高め合い熟成されていったもの……。それがアメリカンスタイルのダンスで、そこにはアメリカ的な多様性と自由が含まれているでは、とちょっと頭でっかちではあるがそんなふうに思う。

社交ダンスの世界ではあまりにもスタンダード(規範という意味で使用)をイギリスに求めすぎている。そりゃ確かに競技ダンスとしてのルールブックはイギリス人がまとめたし、それによって社交ダンスは世界に広まったのかもしれないけど、ダンスそのものの持っていた多くのものを殺してきた歴史でもあるのでは、と楽しそうに踊る人々(例えばカントリー・バーで踊るアメリカ人、結婚パーティで踊るフランス人、タンゴフェスで踊るアルゼンチン、朝の公園で踊る中国人)を見ているとそんなことを思ったりする。

踊るという行為を多くの人たちから遠ざけてしまうようなダンスは罪だと思う。競技などを通じて高みを目指していくことはジャンルにとって大事なことだと思うが、同時に入り口は広く敷居は低く底辺は広くなければならないと思う。
たぶん、こんな状況は日本だけのことなのかもしれませんが。

参考
カントリーダンスとは?
カントリー音楽とカントリーダンス

 

[→映画タイトル目次へ] 

|

« 「ball」の語源 | トップページ | 『昴』全11巻 『MOON』現在第3巻 »

[フォックストロット/ブルース/スローリズムダンス]」カテゴリの記事

[ワルツ/ウィンナワルツ]」カテゴリの記事

・洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532723/44553414

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブロークバック・マウンテン』:

» 海外留学費用短期・語学・保険 [海外留学費用短期・語学・保険]
海外留学費用短期・語学・保険 [続きを読む]

受信: 2009/04/11 16:58

« 「ball」の語源 | トップページ | 『昴』全11巻 『MOON』現在第3巻 »