« 『トワイライト〜初恋〜』 | トップページ | 『2番目のキス』 »

『社交ダンスが終った夜に』新潮文庫

51kgt7lgn0l_sl500_aa240_ 著:レイ・ブラッドベリ(Ray Bradbury)
訳:伊藤典夫
新潮文庫(465ページ)
2008/10/28

--

 

私にとってブラッドベリは萩尾望都とイコールになっている作家で、『ウは宇宙船のウ』や『霧笛』など萩尾望都で読んでから原作を読んだが、作風の一体感は見事なもので、萩尾望都作品のいくつかはブラッドベリ原作でなくてもなんとなく混同してしまうことがある。

高校生の頃に熱心に読んだ作家だが、80歳を超えてなお精力的に作品を発表し続けているとは正直知らなかった。

2008年に新潮文庫で出版された新刊である『社交ダンスが終った夜に』は、25編の短編が収められている。
表題作『社交ダンスが終った夜に』(原題:After the Ball)もわずか12ページの作品。
もちろんタイトルに惹かれて読んでみたわけだが、残念ながら社交ダンスとはほぼ無関係な作品だった。

詩的で幻想的な、ブラッドベリらしい作品だが、何度読んでもなにが言いたいのかはよくわからなかった。
でも、きっとそれでいいのだろう。

社交ダンス好きがタイトルだけに惹かれて読んでも意味がないかもしれない。
でも、旅の友にしたい一冊かな。

|

« 『トワイライト〜初恋〜』 | トップページ | 『2番目のキス』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ダンスのタイトルがついていると、つい、読んでみたくなりますね。私はしばらく前に、「タンゴ・ステップ」という本を読みました。確かに、タンゴのステップをレッスンする、というくだりは出てきますし、昔のタンゴのレッスンが、殺人につながるものでしたが、ヘニング・マイケルという作家は、ヨーロッパではベストセラーで、日本でもかなり読まれている推理作家ですが、私には、上下2冊読むのがとても苦痛でした。

投稿: スウィング | 2009/05/03 16:21

社交ダンスやペアダンスそのものがテーマやモチーフになっている小説というのは意外とないのかもしれませんね。マンガでもごくわずかです。
いい題材だと思うんですけどねー

投稿: ユウキ | 2009/05/07 16:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532723/44807851

この記事へのトラックバック一覧です: 『社交ダンスが終った夜に』新潮文庫:

« 『トワイライト〜初恋〜』 | トップページ | 『2番目のキス』 »