« 『ボディガード』 | トップページ

『ニュームーン/トワイライト・サーガ』

Images_2

2009年アメリカ
主演:ロバート・パティンソン、クリステン・スチュワート
監督:クリス・ワイツ
131分
--

 

海外では大ヒットとなっているこの作品も、日本では意外と受けていないようです。
公開第一週の映画の日に渋谷の映画館で見てきましたけど、入りはたいしたことありませんでした。
不人気の理由は、やっぱり主演のヴァンパイアくん(ロバート・パティンソン)の容姿でしょう。よく見える瞬間もありますが、基本的にキモイ(人外だからコレで良いのだということだと思いますが)。
ヒロイン(クリステン・スチュワート)もますます色っぽくなってましたが、ちょっと育ち過ぎちゃった感じも。

さて、一作目では一応プロムで主役二人が踊りましたが、今回は……当ブログ的には残念ながらダンスシーンは無し。クラスメートがプロムの話をする場面があったので一応期待はしたのですが。

三作目(Eclipse 2010年予定)ではハイスクールを卒業するでしょうからプロムでのダンスシーンもあるかもしれません。
そんなことを気にしながら見に行っている人はいないでしょうが(笑)。

それにしてもハイスクール系ダークファンタジーという不思議なジャンルのこの映画。私のようなおっさん向けではないことは重々承知ですが、思いのほか楽しんでいます。
でもきっと日本のオタク女子(本来この映画が一番狙いたい層)にはイマイチ受けてない。理由は“腐”の要素が皆無だから。キャラ萌え要素はあるのに、全部きっちりノーマルカップルだからねぇ。

今回、映画館で思わず「うはっ」とかって喜んじゃったシーンは、ヴァンパイアと狼男が一触即発となるシーン。そこでヒロインが叫ぶ。
「私のために争わないで!」
こんなのを見てニヤニヤしている40オトコはおかしいでしょうか?

|

« 『ボディガード』 | トップページ

・洋画」カテゴリの記事

コメント

再開なさったんですね。
今後の更新を楽しみにしています。

異種との禁断の恋というのは、日本の女子にとってはマンガやライトノベルで割とおなじみのモチーフなので、「トワイライト」の設定に新鮮さを感じないのかもしれません。
腐女子向けには「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」という先行する傑作があるので、それで事足りますし。

投稿: まつの | 2010/02/08 01:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ボディガード』 | トップページ