カテゴリー「[サルサ/メレンゲ/マンボ]」の記事

『B型の彼氏』

映画中ペアダンス重要度:★

518xe4vn20l_sl500_aa240_

2005年韓国
出演:イ・ドンゴン、ハン・ジヘ
監督:チェ・ソグォン
98分

--

 

tv予告編[→Go YouTube]

サルサのシーンが少しあるらしいとの情報を得て、NHK BSで放送したものを観ました。

そのサルサは、冒頭ヒロイン・ハミが友人たちとサルサ教室に行ってみた、というシーン。
まずダンスインストラクターが二人でデモンストレーション。結構ネットリ系のサルサだった。
その後、レッスンでは女性が男性を選んで開始、ただし男性に拒否権はない、というルール。
優柔不断なハミはちょっといいな、と思っている男性を見つけるがもたもたしている内にとられてしまい、余り物のキモ男と踊ることに(あまりにキモイのでインストラクターが追い出す)。
とまあ、これだけのシーンで時間にして2分くらい? 以後、サルサのシーンはなし(サルサ教室は懲りたのでもう行かないのであった)。
tv[→Go YouTube](2分目からサルサシーン)

映画は2004年に韓国で巻き起こった「血液型シンドローム」というブームに乗ったもので、B型男性は彼氏にしたくない第一位になって話題になったんだそうだ。
超ワガママで自己中で突飛な行動をするけど格好良くて憎めないB型男・ヨンビン(イ・ドンゴン)が主役で、実際にイ・ドンゴンと付き合っていたというハン・ジヘが純情で小心なハミを演じるラブコメ作品。

話題便乗映画なんだけど、そういう映画にサルサの場面が登場すると言うことは、韓国でもサルサがお洒落で新しいというイメージなのだと確認できただけでもまあいいかと。



[→映画タイトル目次へ] 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『あなたに恋のリフレイン』

映画中ペアダンス重要度:☆

51d37pbjjpl_sl500_aa240_

1991年アメリカ
出演:キム・ベイシンガー、アレック・ボールドウィン
監督:ジェリー・リース
116分

--

 

原題は『THE MARRYING MAN/TOO HOT TO HANDLE』。
キム・ベイシンガーがこんなに歌が上手いとは知りませんでした。ジャズボーカルは色っぽくて情感たっぷり。ナイトクラブで歌う「Let's Do It」は必見です。
tv[→Go YouTube]
何の気無しにテレビで放映されているのを観ましたが、なかなか面白い映画でした。

ジャンルとしてはラブコメディでしょうか。全編に流れるお洒落なジャズと小粋なセリフにちょっとドタバタ。
4度も同じ相手と結婚を繰り返すというストーリーですからね。もう、いろいろ大変です(笑)。
脚本のニール・サイモンはブロードウェイを代表する喜劇作家で、私の好きな三谷幸喜に大きな影響を与えた人だそうです。なるほど、そりゃ私が面白く観られるはずだな、と。

映画の舞台は1948〜56年のアメリカ。この時期を描いた作品にペアダンスが登場する確率はかなり高いですね。
といっても、この映画ではごくわずかです。
劇中では冒頭のパーティでアレック・ボールドウィンが婚約者と踊る場面があります。スウィングジャズで踊るのは、映画でよく見るフォックストロット(ブルース)ともスウィング(ジルバ)ともつかないタイプのダンスです。

楽しそうに踊る二人はじゃれ合うようにするステップ「ターンアウト・ターンイン」はどんなダンスの時も映画でよく見るステップです。
私もサルサのデモで教えてもらってから、どのダンスでもチャンスがあれば入れようと思っているステップですが、これがやっぱりちょっと親密でないとしにくいステップかもしれません(笑)。

ダンスシーンは最後の方のやはりパーティの場面で多分マンボを踊っているのが少し見えます。屋外のダンスパーティですからラテンが楽しそうです。

あ、そうそう、英語で「Dance Party」っていう言葉は基本的に使わない言葉なんだそうです。というのは「Party」には常にダンスが付きものだからわざわざ言わないということらしいです。あえて「Dance Party」という場合は、他の例えばカクテルパーティとか仮装パーティとかそういうものとの比較で使うというのをなにかで見ました(うろ覚え)。
こういうところから、欧米とのダンスに対する文化の違いを感じますねー。


[→映画タイトル目次へ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「メレンゲ」について語ってみる

私が通うアメリカンスタイル社交ダンスの教室では、全4回の入門クラスからスタートするのだが、そこで一通りのダンスを習う。

1週目:フォックストロット&スウィング
2週目:タンゴ&ルンバ
3週目:サルサ&チャチャチャ
4週目:ワルツ&メレンゲ

もちろん、ベーシックステップ程度のことだが、どんなダンスがあるのか、この4回でわかるようになっているのはとても良い仕組み。

この入門クラスの一番最後に出てくるのがメレンゲ。
一番最後だから一番難しいかというとそんなことはなくて、多分一番簡単なダンス。

速めの二拍子のリズムで、左右の足を交互に踏むだけのステップだから、誰でもすぐにできる(ホントに!)。

ステップが簡単だからこそ、ペアダンスの楽しさであるリード&フォローがいきなり楽しめる。
私はアンダーアームターンのリードでダンスの楽しさに目覚めたクチ。だって、腕をひょいと上げると女性がくるっと回るんだよ(笑)。

入門クラスの最後にメレンゲを持ってきているのが、深謀遠慮の戦略なのか、それともたまたまなのかは先生に聞いたことがないのでわからないけど、とにかく一番最後に「なんか踊れたー!」と思って帰るのは、次のレッスンへの大きなモチベーションになると思うのだ。

 

ところで、私が最初にペアダンスをしたのが、考えてみるとこの「メレンゲ」だった。

世の中の大概の男がそうであるように、まったくダンスとは無縁の人生を送ってきた私だったが、数年前に行った愛知万博(愛・地球博)でたまたま入った「ドミニカ館」でやっていたのが、メレンゲレッスンだった。(→写真→楽しい動画
他の人気パビリオンに比べて、コレといった目玉が無いドミニカ館に私たち夫婦が入ったのは、会場全体のあまりの混雑ぶりに気おされて、とりあえず空いているところに入ろう、ということだったのだ。
そしたらちょうどメレンゲレッスンの時間。舞台ではドミニカンのスマートなお兄さんがメレンゲを踊って見せてくれた。なんかできそう!ということで、記念すべきウチの夫婦のファーストダンスがメレンゲだったというわけ(エヘ)。

それっきりメレンゲのことはまるっきり忘れていたが、ダンスを始めるきっかけのきっかけくらいにはなっているかもと、今にして思う。
結婚以来約10年間ずーーっと言われ続けていた「二人でダンス教室に行きたいよー」というウチの奥さんの希望を聞く形で、今のダンス教室に行ったのは、ドミニカ館でのメレンゲから約2年後のこと。
あの時のメレンゲが、踊るって特別なことじゃない、普通に楽しいことなんだ、ということを教えてくれたように思う。

 

--
「メレンゲ」のダンスシーンが登場する映画リスト

N.Y.の小学校ではメレンゲが必須科目!?
『ステップ!ステップ!ステップ!』(→記事へ

メレンゲの発祥についての語る場面もあり
『ビューティフルメモリー』(→記事へ


[→映画タイトル目次へ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ビューティフルメモリー』

映画中ペアダンス重要度:★★★★☆

51azmwvcrol_sl500_aa240_
2005年アメリカ
出演:ロバート・カーライル、マリサ・トメイ
監督:ランドール・ミラー
103分

--

tv予告編[→Go YouTube]

ダンス映画ではないが、ダンスが大きなモチーフになっている映画。
でもそんなことは『ビューティフルメモリー』という邦題からはまるでわからない。日本の配給元はこの映画を癒し系感動映画として売りたかったみたいでこんなタイトルにしたけどあまりにも当たり障りなさ過ぎるし、あんまり映画の内容に即しているとも思えないのだ。

原題は『Marilyn Hotchkiss' Ballroom Dancing and Charm School』。
Marilyn Hotchkisは人の名前で「マリリン・ホチキスの社交ダンスと礼儀作法の学校」ということ。よほど原題の方が合っているし面白い。ホチキスがまずかったのかな(商標とか)?

この学校は1960年代から、子どもたちにダンスと礼儀作法を教えている。いやダンスを通じて礼儀作法を教えているというべきか。
そして今も、先生は代替わりしたが、ダンス教室として続いている学校だ。

映画は主にこのダンス学校を舞台に、1964年と2005年という二つの時代を行き来するという構成。

ダンスシーンはふんだんに用意されている。
1964年では、こまっしゃくれた子どもたちが正装してのダンスシーン。といってもワルツでヘジテーションをずっと繰り返すというような簡単なものだが。

2005年では主人公が最初に出たレッスンでやったのが、なんと「リンディホップ」。
劇中では「ウェストコーストスウィングとチャールストンの融合で生まれたダンス」と説明されていて、私が習っている教室では単にスウィングと呼んでいるダンス。ただし映画の方がちょっと上級のトリプルステップの連続だったが。
日本で言えば、ジルバとジャイブの中間のようなダンスという感じか。ジルバのS(スロー)に一歩足してトリプルステップになる。ジャイブのベーシックと同じだが、ジャイブのように腿を高く上げて踊るわけではない。

主人公はこのダンスがよほど楽しかったらしく、ここから人生がちょっとずつ前向きに変わっていく。
私も覚えがあるなぁ。最初に一通りダンスを習ってなんといっても楽しかったのがスウィングだった。ステップが簡単でノリが良く、リーダーはリードの喜びを、フォロワーはクルクル回る楽しさをいきなり味わえるダンスだ。

ただ、主人公ノリノリになりすぎて教室で暴走してしまう。妻を亡くして暗い日々を送っていた彼がはじけてしまったのだ。
彼にダンス教師が言う。「ダンスは劇薬みたいなものよ。正しく使えば心を晴らし人生バラ色。ただしそれには試練に立ち向かわなければならない。あなたにその覚悟はある?」(筆者超訳)という深いお言葉。ダンスの魅力(魔力?)に取り付かれた者なら皆納得の言葉と思う(ただし解釈は各自色々かも)。

次のレッスンで踊ったのは、これまた「メレンゲ」。
メレンゲはドミニカのダンスで単純な二拍子で踊るダンス。ここでもリンディホップの時と同じくダンス教師によりダンスの発祥が語られるが、教師の不思議なキャラクターと相まってなかなか面白い。
メレンゲはステップが単純ななだけにヒップモーション(キューバンモーション)のノリノリの動きが不可欠。サルサクラブでは、密着度の高いダンスとして人気で、夜が更けてくるほどかかる比率が高くなるのだ(笑)。
普通の社交ダンス教室ではサルサ同様、レッスンされることはまずないだろうが、私の通う教室では時々出てくるダンス。ただし、サルサクラブのそれとは異なり、ライトなダンスとして踊られている。映画中のシーンもそうで、皆明るく楽しく、さほど凝ったステップはまるでなくとも、満足げに踊っていた。

ストーリーについては、細々書かないが、私としてはとてもいい映画だと思う。
派手さはまるでないし、渋い演技派は多いが有名キャストというわけでもない。
でも、ちょっとしたきっかけで霧が晴れるように人生を変えていく主人公の手助けをしたのが、ペアダンスというのが嬉しい。
また、もう一人の主人公というべき男(1964年の学校に通っていた少年の40年後)の人生におけるもっとも美しい思い出が、好きな子とダンスをしたことだったというのも嬉しいこと。
そんなわけで、当ブログ的には、隠れた名作を見つけた気分。

でもそんな良作も日本の配給会社にかかれば「全米が泣いた!」という陳腐すぎるフレーズとともに、当たり障りのなさ過ぎる邦題に改変されて、結局必要な人に届かない映画になっちゃってるんだよな。

これは、ダンス好き、特にペアダンス好きにこそ観てほしい作品。そのように宣伝すべきなのだ。


[→映画タイトル目次へ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンボについて

毎日テレビばっかり見てますが(笑)、たまたま見ていたNHK BSの『日めくりタイムトラベル』という番組で「マンボ」が取り上げられていました。

→番組公式サイト 昭和30年(平成21年2月21日放送分)

〈引用開始〉
定点観測「マンボ」(リポート:湯浅卓)
4月26日、人気女優シルヴァーナ・マンガーノが主演した映画「マンボ」が公開され、画面にあふれる音楽とダンスが観客を魅了した。そして、ジャズとルンバをミックスしたキューバのダンスミュージック、マンボが大ブームを巻き起こす。マンボは日本の音楽界やダンス界に革命を起こしただけでなく、ファッションを変え、恋愛観を変え、若者たちの魂を解き放ってゆくことになる。

〈引用終わり〉

私はダンス教室で習った中でも「サルサ」が好きで、よく踊っているのですが、「マンボはサルサの昔の言い方」くらいに思っていました。
でもどうやらちょっと違うみたいですね。

日本の社交ダンスでも、パーティダンスとして「ブルース」「ジルバ」「スクェアルンバ」「マンボ」はよく踊られている(いた)ようです。競技種目との区別のために“パーティダンス”なんていう言い方をしますが、そうした区別もあまり良いこととは思えませんが、そんな話はまた今度……。

パーティダンスのマンボは、サルサと違い、基本的にホールドしない(組み合わない)ダンスでした。セパレートダンスという区分けもあるようです。
そして番組中では、「(セパレートダンスであるため)初めて個人の自由な表現というものが確立されたダンスとして一世を風靡した」というようなことを語っていました。
なるほど、その後のディスコダンスなどでもセパレートダンスが主流となりますが、その最初はマンボからということのようです。

私は自分で踊るなら組んで踊るペアダンスこそ最高!と思っていますが、なるほどセパレートダンスには、さまざまなメリットがあります。
組まないで踊りますから、技術がなくても大丈夫。上手ければ上手いなりに、下手なら下手なりに、個人のペースで楽しめるというわけです。
もちろん社交ダンスやサルサでも「上手ければ上手いなりに、下手なら下手なりに」というのは本当は同じなのですが、相手にもろに自分のテクニックが伝わりますから、特にリーダー(男性)は、それなりの練習を要するというところが、組んで踊るペアダンスの敷居の高い部分かもしれません。

マンボの大流行は大したもので、昭和30年当時、全国にダンスホールが3000箇所もできたそうです。ちょっとうらやましいですね。
その当時の面影を今に残す、横浜のダンスホール「クリフサイド」が紹介されていましたが、その趣といい広さといい、実にイイ感じの空間でした。今も営業しているそうなので、なにかの機会に踊りに行きたいものです。

シルヴァーナ・マンガーノの映画「マンボ」というのも気になりましたので、調べてみました。
今はネットですぐになんでも調べられる上に、映像までも見られる可能性が高いですからスゴイですよね。映画「マンボ」もYouTubeですぐに見つかりました。

Silvana Mangano「MAMBO」(1954年アメリカ)
tv→YouTube(1)

tv→YouTune(2)

シルヴァーナ・マンガーノはイタリアのグラマー女優だそうです。映像を見ましたが、音楽は確かにマンボでしたが、ショーとしてのダンスのせいか、必ずしもセパレートダンスというわけではなかったです。

マンボについて知らないなりに書いてみましたが、今後も「サルサ」や「ワルツ」といったタイトルでも書いていくつもりです。


[→映画タイトル目次へ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『恋はサルサで!』

映画中ペアダンス重要度:★★★☆

31nbsotyhol_sl500_aa192_
2000年イギリス
出演:キャサリン・マッコーマック
監督:デイビッド・ケイン
97分

--

tv予告編[→Go YouTube]

日本未公開作でDVDも売れなかったらしくて、やたらと安売りしている作品。でもタイトルに「サルサ」と付いているので一応買ってみた。
原題は『Born Romantic』。

「ロンドンのサルサ・クラブで出会う、男女6人の恋愛模様をユニークに描いたロマンティック・コメディ」というのが売り文句になっているけど、みんな変なやつばっかり。
特に出てくる男はみんなサイテーで、なぜ恋が実っちゃうのかよくわかんないけど、サルサを踊れば皆解決というのはキライじゃないな(笑)。

登場人物はそれぞれ個性も仕事もバラバラなんだけど、そんな人たちがサルサを通じて微妙に交流しちゃうところがリアルでいい。
サルサクラブのシーン、もうちょっと見たいけどまあ仕方ない。
サルサ映画と思ってみると不満かもしれないけど、私は十分楽しめました。


[→映画タイトル目次へ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『サルサ!』

映画中ペアダンス重要度:★★★★☆

41ms4pzw7jl_sl500_aa240_
1999年フランス・スペイン
出演:ヴァンサン・ルクール、クリスティアンヌ・グゥ
監督:ジョイス・シャルマン・ブニュエル
100分

--

tv予告編[→Go YouTube]

 

サルサ映画としては最初にヒットしたのがこの作品らしい。日本でもこの映画をきっかけにサルサを始めた人も多いと聞く。

サルサはキューバ発祥のアメリカのダンスだが、世界中で人気。この映画もフランス・スペインの合作でオリジナル言語はフランス語。そして舞台はパリなのだ。

主役のフランス人ピアニストがキューバ人になりすまして……、という設定は無茶だが、それがいい(笑)。
ストーリーは単純明快で、ハッピーエンド。主演の2人は魅力的だし、それ以上に脇の役者がいい。特にフランス人のおばあちゃんと、キューバ人のおじいちゃんが素晴らしい。

音楽も全編通して楽しく、実に聴きごたえがある。
特に今サルサというと、サルサクラブでもひたすら速い曲ばかりがかかり、サルサの世界選手権なんていうとスピード比べみたいなところもあるけど、この映画ではキューバの伝統音楽「ソン」が中心。哀愁に満ちたゆっくりとしたテンポの曲が心地いい。これに合わせて踊る老人二人。実に絵になる。これがサルサの神髄かと思って見たのでした。

星が1つ足りないのは、もうちょっとダンスシーンを見たかったから。主人公はピアニストだしね。

劇中「なにもかも奪われても、最後に踊りたい気持ちだけは残った」という言葉がココロに沁みました。いい時も悪い時も踊っていたいものだなぁ。


[→映画タイトル目次へ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ダンシング・ハバナ』

映画中ペアダンス重要度:★★★★

51njhrre8tl_sl500_aa240_
2004年アメリカ
出演:ディエゴ・ルナ、ロモーラ・ガライ
監督:ガイ・ファーランド
86分

--

サルサ好きとしては見ておきたい映画だったのでTVでやってラッキー(BSフジ 2008/10/13)。

tv予告編[→Go YouTube]

原題は『Dirty Dancing: Havana Nights』。
名作と名高い『ダーティダンシング』(1987年)が未見なのだが、その新作として制作されたというこの作品。
舞台を1958年のキューバはハバナにしたのが味噌。踊られるダンスは必然的にサルサとなって、前作と同じプロットながら(らしいです)、まったく違った味の映画になったとのこと。
そのプロットとは簡単に言うと「奥手の女の子がダンスで自分を解放し、大人になってゆく避暑地の恋」。

青春ラブストーリーとしてはまあまあというところだが、ダンスシーンががこの映画の価値を増している。
別々の個性を融合するという、ペアダンスとしてのサルサの魅力を十分ひきだしていたと思う。
私のようなサルサ初心者にも何をやっているのかわかる程度の難易度のテクニックだったので、踊りたい人にも参考になるかも。
思うに、ダンスの難易度と魅力は比例しません。簡単なステップでも格好良く・素敵に踊れば最高のダンスになるのです。

サルサ映画はほかにも何本かあるので続けて紹介していきますね。


[→映画タイトル目次へ]

| | コメント (0)

『ダンス・ウィズ・ミー』

映画中ペアダンス重要度:★★★★★

51qq02vek6l_sl500_aa240_
1997年アメリカ
出演:ヴァネッサ・ウィリアムズ、チャヤン
監督:ランダ・ヘインズ
127分

--

tv予告編[→Go YouTube]

キューバから父親を捜すためにアメリカにやってきたラファエル(チャヤン)が、社交ダンス教室でインストラクターのルビー(ヴァネッサ・L・ウィリアムズ)に恋をする。

見どころはもちろんダンスシーン。
いくつもあるダンスシーンの中で、なんといっても素晴らしいのはサルサ!
サルサクラブでのルエダ(輪になってパートナーチェンジしながら踊るサルサ)は、本当に楽しい。フロアをグイグイと移動するカメラワークも秀逸。

tvサルサ[→Go YouTube]

社交ダンスのコンテストシーンもしっかりとダンスを堪能できる。
最後の方では説明不要とばかりにセリフ無しのダンスシーンが続くのもイイ感じ。
意外と長い(127分)が、ダンスシーンが楽しめる方なら飽きないはず。また見返してみようと思う作品。

tv競技会[→Go YouTube]

 

余談1
アメリカの町のダンス教室の様子がうかがい知れて面白い。
教室でのパーティは楽しそう。やっぱりアメリカンなパーティダンスの基本はフォックストロット(日本で言うブルース)なのだなぁ。

余談2
主人公のチャヤンはプエルトリコの大スターらしい。確かに好印象。
マッチョで得意はリフト。女性陣から「私も持ち上げて!」と大コールが楽しい。
やっぱりリフトはもてるよな。筋トレでもするか、と思わせる(笑)。


[→映画タイトル目次へ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)